日本最西端の与那国島で一人と一頭から始まった南の島の馬暮らし。
そこに集まった馬好きな若者たちが沖縄中に散らばり、
それぞれの馬暮らしを始めています。





乗り調教すたーと!

f:id:hisanomarkun:20170330141245j:image

先週から乗り調教はじめました!

もちろん裸馬で。

裸馬とゆうのは鞍をつけずに

そのまま乗ります。

 

よなぐにのころに

人を乗せたことは

あったみたいですが、

リクも久々でしょう…

びくびくしています。

 

こわいよねー、

私もこわい…笑

 

ただ、この初めて乗れた時の

感情は、嬉しさと怖さと緊張感と

たくさんの感情が入り混じった

気持ちになります!

 

ただ、乗ってる人間が

こんな気持ちでは

リクも安心できないでしょうけど…。

 

私1人で乗るところまで

いけたこと。

少し自信になりました。

 

ど素人の私ですから。

 

馬なんて乗って当たり前。

それが普通の考え方。

だけれども、馬に乗れるまで

調教がすごくすごく大切で、大変。

これが裏の世界ですね!

 

1番楽しいとこでもあるのですが。

 

しかしまだ、1歩もだせてません。

こわい思いにつながっても

いけないので、

私1人でだと、ほんとにほんとに

ゆっくりと進みだしていきます(^^)

 

まずは乗られるなんて

当たり前。

あ、また乗ってるなーくらいに

してから歩き始めようかと(^^)

 

でも、やっぱり

馬に乗るのは楽しいです‼︎

目線が高くなり、

リクの細かな動きまで

伝わってくる感じ。

早く駆け回りたいですね〜(^^)

f:id:hisanomarkun:20170330142728j:image

 

間違い探し

f:id:hisanomarkun:20170323131226j:image

この写真と

f:id:hisanomarkun:20170323131337j:image

違ったところはどこでしょう!

 

そう!

無口を変えてみました!

変えざるをえませんでした(-_-)

 

朝の調教中、ぶちっと

ちぎれてしまいました(-_-)

あー…うみかぜからせっかくいただいたものを…(°_°)

 

新しいものは初仕事で使おうと

大切にとっていたのですが…。

 

ま、リクも気にいったようで

なによりですが…。

f:id:hisanomarkun:20170323150840j:image

暖かくもなり、乗り調教開始です!

もちろん裸馬!

また詳しくは後日ということで…(^^)

f:id:hisanomarkun:20170323131906j:image

恋する季節

f:id:hisanomarkun:20170314101149j:plain


 日がどんどん長くなり、お家に帰るのがついつい遅くなってしまいます。
暖かい季節に向かって、なんだかんだ1年通してせわしなく動き回っている久米島馬牧場から、井上福太郎です。

3月は与那国、浜比嘉、本島出張で怒涛の日々が続いています。

与那国では台風の被害の再建や、放牧地の拡張などアライアンスとして協力作業に勤しんでいました。皆で一つの目的を持って汗を流すのは非常に心地よい!

そこに生き続ける馬たちの中で、日が昇ってから日が沈むまで、皆で笑いながら作業し、夜は美味しいお酒を飲みながら未来を語る。そんな当たり前の幸せが感じられるこの与那国島の広場の素晴らしさをまた再確認した出張でした。

そして、そこには今も変わらず素晴らしい仕事をし続ける馬たちと人たちがいる。皆で協力し合ってこの大切な場所を今後も守りたいと思います。

 

さて、最近の久米島では、初めてのお仕事「預託・調教」というものに取り組んでいました。預託調教料は、草!という非常に島らしい預託です笑。

島内で出会った、おそらくヨナグニウマのメスであろうと思われる1頭。沖縄本島から知り合いの農家さんの牛舎にお引越ししてきた馬でした。与那国島と違って、自分たちの馬以外の馬には会わない久米島では、こういった馬飼い仲間という存在は珍しく、また、ヨナグニウマらしい!と、やっぱり近くにいる馬のことは気になる僕たちは早速会いに行きました。

 

話の中から、預かって乗れるようにしてみないかというお話があったので、今回初めてのお仕事にチャレンジしてみました。

自分たちのこだわりの中では、まずは放牧・青草・群という環境の中で慣らさせることから始めます。今まで1頭で小屋で暮らしてきた馬に、馬として自然の感覚を取り戻させるためです。




そこから、じっくりとコミュニケーション。この時間がいつも、どの馬とでもワクワク楽しい時間帯です。今回は、このあと与那国でスタッフになるくみちゃんが研修で来ていたので、一緒にこの楽しみを分かち合いました。

まず、人との偏ったお付き合いが長すぎるので、適切な距離を教えるところから。そして、お互いの合言葉を確認していきます。

いつも、研修生に伝えるのは、初めて調教に挑戦する馬は同性の馬がいいよということ。やはり同性として共感できるところが多くあると思うからです。

 

今回、僕にとっては初めての異性の馬の預託。期限が決まっていたからかもしれませんが、コミュニケーションすればするほど淡い気持ちが芽生えてしまいました。例にもれず、素晴らしい反応。そして、理解力。人に対する対応の変化を見るにつれて、どんどんこの馬を好きになってしまう自分がいることに気づきました。

 

返却の時、最後に今まで作った関係性と、乗馬の姿を披露して元のお家に帰っていく彼女に対する寂しさを心に押し込めながら、大いなる教訓を得ました。

 

異性の馬には惚れてまうから、気をつけなはれ。

 

預託調教に情は禁物。何はともあれ、見知らぬ馬とのコンタクトの時間は最高に楽しい時間。その時間をこれから仲間になる研修生と共に過ごせたこと。そして、これから「預託・調教」というお仕事もアライアンスメンバーのひとつの仕事の形態になっていけばいいなあと、自分たちの特色を活かした、ヨナグニウマアライアンスの預託・調教というのを皆で実践していけたら素晴らしいなあと思った日々でした。

春よこい!

 

f:id:hisanomarkun:20170302204344j:image

3月になりました!

 

少しずつ、気温が10度をこえる日が

増えてきました!

 

リクのご飯の青草も、

少しずつ春の草が‼︎

f:id:hisanomarkun:20170302204529j:image

このもこもこの草、

カラスノエンドウとよんでいたような…

さやえんどうのような実が

なります。

アブラムシもいっぱいくっついて…

そうなる前のこの季節!

かりやすいし、リクも美味しそう‼︎

しばらくはこれ探して

てんてんと草刈り。

 

たまにネギみたいな草が

混じります(*_*)

これはネギくさくてリクも食べません、

犬猫もネギはだめっていいますもんね(°_°)!

 

あと、気をつけているのは

ゴミ‼︎

ポイ捨てされたゴミが…

これをリクがのみこんでしまうと

それは大変‼︎

1番気をつけています。

 f:id:hisanomarkun:20170309190228j:image

ゴミのポイ捨てしないでいただきたいですね〜(*_*)、 

f:id:hisanomarkun:20170309190444j:image

 

 

しぐさ

f:id:hisanomarkun:20170218171843j:plain

日曜日です。
久米島馬牧場から、サノちゃんです。

2月も終わりに近付き、久米島では悪天候の中、大工仕事やら放牧地の整備やら…確定申告やら(笑)
期日の迫る作業に追われています。

お客さんが少ないこの時期にやっておかないと!
という仕事が多いのは、どこの牧場もおなじでしょうね。
みなさま、おつかれさまです!

そんな年末のような忙しなさの合間に、友人から借りた本が自分的に大ヒットしたのでご紹介させていただきます。
3分読書の生活なのでまだ熟読できていませんが(笑)

「子どものしぐさはメッセージ」
という本です。
サブタイトルは、こころとからだを育てる整体ワークブック。

この著者の方は他にも「整体的子育て」というシリーズを出していて、そちらも是非読みたい!

かの有名な野口式整体と、シュタイナー教育理念に基づいた…
というと知らない方は何のことやら、ですが。

何が面白かったかというと、馬との付き合いに当てはまることばかり!
子供との馬遊びに使えることばかり!
読んでいて腑に落ちること、へぇ~ということばかりで面白かったです!!

要は物事を動詞で捉える、ということなんですが、
自分たちはいかに普段人や物事、子供や動物たちを名詞化しているか、
分類したりラベルを貼ったり…そんなことばかりだなーと。

でも世界の出来事、子供たち(=動物たち)の姿は動詞で出来ていて、
動詞の連続が形になり、関係性になる。

という、分かりにくい説明でスミマセン(笑)
興味のある方は読んでみてください。

今の時代、これからの子供たちに馬との付き合いが必要なのは、だからなんだよっ!

と、熱く火がつく今日この頃なのでした(笑)

久米島馬牧場
井上 恵子

最初の写真は馬クラブの子供。
初めての駆け足!!やったー!!

年をとった馬たち

f:id:hisanomarkun:20160721064141j:plain

海が見渡せる放牧地に住む彼らの仕事は

f:id:hisanomarkun:20160721054306j:plain

こどもたちの乗馬

f:id:hisanomarkun:20160721052754j:plain

町民の乗馬会や学校の授業で大活躍!

f:id:hisanomarkun:20160802052052j:plain

学校の校庭にヨナグニウマ

う~ん、すてきっ!

f:id:hisanomarkun:20160802052738j:plain

唐獅子最終回「 バトンを次世代に」

 暖かな日差しの中、今日もやって来た子供たち。

今日は「馬さんこれ食べるかな~?」もう何年も来てる幼稚園、これだけ来てるとただ体験乗馬だけでなく、テーマが生まれました。みんなおうちからいろんな野菜を持って来ました。さてさて・・・

f:id:hisanomarkun:20170217160150j:image

 結果はともあれ、導入部の次はいよいよ乗馬です。今日は丸馬場で・・・実は乗馬の前に子供たちは丸馬場で走ったり止まったりエトセトラのウォーミングアップをしてます。これがいいのです! だって乗るのは短時間、待ってる時間がほとんどですからね。


f:id:hisanomarkun:20170217160228j:image


f:id:hisanomarkun:20170217160259j:image

 そしてプログラムが終わっての時間ですが、皆馬から離れようとしません。先生は早く帰りたいようですが、僕は先生に耳打ちします「終わった後の姿が今日の成果ですよ」と。

 

 *さて今日の「馬楽のすすめ」は沖縄タイムスにシリーズで寄稿したものの最終回です。

今日は最終界に名づけて「バトンを次世代に」

 

 沖縄にもようやく本格的な寒さがやって来た。馬は決まって風上に尻を向け、風を避ける。今日の馬たちの尾は北に向いている。

 30歳で思い立ち与那国島に渡り、以来35年間、与那国馬と暮らしている。馬の「う」の字も知らないで。一頭の馬と向かいあい、鞍(くら)もない裸馬で野を駆け、浜を走った。しかも一本のロープだけで。10年もそうしていると、馬の声が聞こえる気になって来た。

 ある日、競馬界の「王貞治」と呼ばれ、数々の新記録を打ち立てた元騎手・岡部幸雄氏が与那国島に来られ、お話をする機会があった。10年ほど前の話だ。恥ずかしい限りだが、競馬を知らない僕は、そんな方とは知らずにヨナグニウマの話を自慢げに延々と講釈していた。無知は怖いものだ。

 しかしそれがよかったのか、岡部氏はその後、ヨナグニウマと我々の活動に興味を持ち、ヨナグニウマの魅力をさまざまな機会に発信してくださっている。この秋には「岡部幸雄の「Life with horses」と言うテレビシリーズでヨナグニウマに関わる沖縄の三つの牧場を取り上げてくださった。南城市にある牧場をはじめ、久米島石垣島にも、与那国のうちの牧場で働いていた若い人たちが独立して、ヨナグニウマを中心に据えた牧場を開いている。ヨナグニウマをあらゆる方面で活用し、保存に貢献しようと頑張っている若い仲間たちだ。

 先日その久米島馬牧場が発起人となって「ヨナグニウマの未来を語る会」を開いてくれた。仲間の三つの牧場はもちろん、沖縄本島でヨナグニウマを飼っている方々、ヨナグニウマに関わるボランティアをしている方々、なによりヨナグニウマが大好きな方々が明け方まで熱く語り合った。

 僕のヨナグニウマとの35年間は孤軍奮闘だった。この夜、僕はヨナグニウマのバトンがしっかり次世代に引き継がれたのを見た気がした。それぞれが知恵と技術と情熱を出し合えば、ヨナグニウマたちの未来は明るいだろう。

 「馬好きは馬に聞け」。物言わぬ馬においしい草をせっせと運び、物言わぬ馬の背に揺られ、物言わぬ馬の身体の汗を拭き、つかの間馬の瞳を覗(のぞ)き込む時、答えはすべてそこにある。この馬と言う不思議な生き物よ。 

(了)