読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
日本最西端の与那国島で一人と一頭から始まった南の島の馬暮らし。
そこに集まった馬好きな若者たちが沖縄中に散らばり、
それぞれの馬暮らしを始めています。





南の島の馬暮し 掘り出し物 その1

f:id:hisanomarkun:20140403121605j:plain

僕は馬を飼う前に水牛を飼ってて、毎日乗って遊んでいた。

 

f:id:hisanomarkun:20140403121805j:plain

水牛の名前は「 ダイナ」 漢字では 「大菜」、沢山草を食べるし、昔エノケンの「ダイナ」も好きでした。

この写真、1985年12月に撮りました。とある雑誌に載ったものです。

南の島の馬暮しは33年もあると、沢山の資料が溜まっています。時々眺めてみるとします。

さて次回は何が出ますか、ご期待下さい。