読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
日本最西端の与那国島で一人と一頭から始まった南の島の馬暮らし。
そこに集まった馬好きな若者たちが沖縄中に散らばり、
それぞれの馬暮らしを始めています。





足るを知る島

久野マサテル

 馬好きは困ったものだ、馬に乗ってみたり、馬を飼ってみたり、好きな馬の写真を携帯の待ち受けにしたり・・・。

 

 春のとある晴れの日、ヨナグニウマの繁殖地、北牧場に馬が大好きで乗馬が大好きな人たちと出かけた。北牧場は島の北にあり、海に面している。何百年も昔から馬が世代交代を繰り返し生き続けている。字名を「馬+産」(これを一文字にする)「原」スンバルと呼ぶ。今は50数頭の馬がいる。牧場は30メートルの絶壁の上に見渡す限り広がっている。

 

一台の車で道らしき道をなぞってゆっくりと進む、するといました、いました馬の群れ、こちらの車を気にするでもなく、ひたすら頭を垂れて草を食んでいます。おやおや、傍らに小さな塊が横たわっています、仔馬ですね、123頭・・・。車を10メートル、5メートルと近づけます。馬はもう目の前、馬はまだ知らぬ顔、みんなでしばらく眺めます。おや仔馬が立ち上がりましたね、ちょっと眠そうな顔をしてこちらを眺めています。う・う・う・たまりません。可愛いということにも限度があります。我々はついに車を降りもっと近づくことにしました、「馬が嫌がって動き始めたら追わない」「馬が寄ってくるなら触ってもいい」という約束で。各々は好きな馬を目指してゆるり、そろりと近づきます。もうこれ以上近づくと動くかなというぎりぎりに挑戦しつつ、留まり眺めます。・・・静かな静かな時間が流れます。馬好き人の至福ここにあり!皆の顔にそう書いてありました。

f:id:hisanomarkun:20140405094958j:plain

             北牧場@与那国島にて

 

馬が好きなら乗ってみろ。

乗馬が好きなら走ってみろ。

乗馬が好きなら手綱を緩めてみろ。

乗馬が好きなら馬を下りてみろ。

乗馬が好きなら鞍を外してみろ。

乗馬が好きなら馬を放してみろ。

乗馬が好きなら馬を眺めてみろ。

乗馬が好きなら馬を呼んでみろ。

馬が好きなら乗ってみろ。

 

与那国島には馬好きをうならせる「足る」がある。

 

2014420