読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
日本最西端の与那国島で一人と一頭から始まった南の島の馬暮らし。
そこに集まった馬好きな若者たちが沖縄中に散らばり、
それぞれの馬暮らしを始めています。





石垣島馬広場 ヨナグニライフ編③

石垣島馬広場

石垣島馬広場の朝倉です。

 

前回のつづきで与那国に来て色々と学びましたという話をしました。

一番最初に学んだのはロープの『もやい結び』。馬を繋ぐときに必ず使うこの結び方ですが便利で結べば引っ張るほど締まるのでまず解けない結びです。でもひと工夫で簡単に引き抜くようにもできます。

 

ただダイビングの仕事をしてた時に習ってたので、結び方は大丈夫でした。ここで難しかったのは馬の首に巻くんですが、この巻き加減が気をつけないといけないポイントでした。

 

緩すぎると首抜けするし何かに引っかかりやすく、キツイと馬が苦しくなり締まってしまうと大変なことになります。

 

f:id:hisanomarkun:20080807071848j:plain

今でもこのもやい結びは多用してます。

ロープワークはたくさん種類があって面白いですよ!

 

ロープワークでは頭絡もナイロンロープで編んで作って、手綱は紅白ロープ。これもみんなで手作り!ロープの編みこみもまーくんから全部教わりました。広場のスタッフはみな出来ます。よく練習したものですね。

f:id:hisanomarkun:20080818164323j:plain

手作り頭絡&紅白ロープ手綱!

 

あとは材木とか長いものを軽トラで運ぶときに使う軍艦縛りは最初感動でした。

ロープを引っ張ればギュッと締まるので荷崩れしにくいです。馬のロープワーク以外でも資材や道具を運ぶためのロープワーク色々教わりました。

 

何かしら毎日何かを結んだり解いたり。

 

では、また今度。ロープワークのお話でした。