読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
日本最西端の与那国島で一人と一頭から始まった南の島の馬暮らし。
そこに集まった馬好きな若者たちが沖縄中に散らばり、
それぞれの馬暮らしを始めています。





明日は我が身

f:id:hisanomarkun:20161006154511j:plain

久米島から井上福太郎です。

昨年、今年とまたも大型台風が襲った与那国島。僕たちがヨナグニウマアライアンスというかたちで力を合わせようと手と手をとりあった理由の一つに相互扶助という考えがありました。

沖縄の地理的環境上、強力な台風との付き合いは避けられません。各馬広場は文字通り吹けば飛ぶような小さなところばかりなので、毎度台風にはひやひやさせられています。

大きな台風が来て、何かあった時に助け合える仕組みを作ろう。いざと言うときに被害にあった牧場を何とか出来るよう。

昨年は幸いにも久米島には大きな被害が出るような台風が来なかったこともあり、与那国の大規模な被害に対して小さいながら再建を手助けするいくらかのサポートをすることが出来ました。

しかし、いつも僕たちの胸にあるのは明日は我が身の一言。いつも肝に命じている一言です。

そして遂に今年は久米島でも史上最大と言われる台風が通過していきました。島に与えるインパクトも大変なもので大木がそこら中で倒れ、車のガラスを破り、電柱もなぎ倒すことでエリアによっては3日間の停電に断続的な断水という大きな爪痕を残して行きました。そして、まだNTTの災害復旧班が島中で復旧に奔走しております。

沖縄暮らしが10年になる自分達にとっては初めての猛威ではありませんでしたが、やはり色んな事が心配で不安な夜を過ごしました。
幸いにも動物達には何もありませんでしたが、倉庫にしていたプレハブが大破し、80メートルくらい道路を滑走していたようでした。

周りの民家に迷惑をかけることがなく、ほっと胸を撫で下ろしましたが、馬具庫が一夜にして無くなりました。

f:id:hisanomarkun:20161003140637j:plain

馬達はスタート当初からスタイルを変えず森の中に自由放牧していたので、電柵も崩壊せず朝にはケロッとした表情で再会しました。
人が造ったものは必ず壊れるものです。

台風はいつも自然の怖さと自然の逞しさの両方を感じさせ、また謙虚な気持ちで自分達のあり方をもう一度考えさせる機会を与えてくれます。

今後も、仲間と一緒に何が無くとも、したたかでしなやかな僕たちらしい強さを考えて行けたらと思っています。

ダンの薮の中でどんな嵐も耐えしのぐ与那国馬のような強さを。

馬楽から離れた話ばかりになってしまいました。

久米島は、撮影、取材ラッシュが続いています。

f:id:hisanomarkun:20160929112931j:plain