日本最西端の与那国島で一人と一頭から始まった南の島の馬暮らし。
そこに集まった馬好きな若者たちが沖縄中に散らばり、
それぞれの馬暮らしを始めています。





継続は力なり

f:id:hisanomarkun:20170724051015j:plain

とにかく暑い!今年の沖縄。
最高気温34度なんて日が訪れるようになってしまっています。
本州に比べて最高気温が低く、また、快適な風のなかにいると涼しく過ごせる例年では、お客様と「夏の沖縄は避暑地ですね。」なんて会話が常でしたが、そんなこと言ってられなくなるのではないか!?

このままいくと本当に夏は海馬遊びしか出来なくなってしまうかもしれません。と、つくづく親方の始めた海馬遊びの素晴らしさを実感する日々です。

さて、おかげさまで世間様が夏休みに突入し、久米島でも東京-久米島の直行便が就航となり毎日忙しくさせて頂いている久米島です。

そんな久米島馬牧場でも6度目の夏となりました。自分としても馬と共に海に入らせて頂く経験も6度目のシーズンに突入しました。元々海の仕事をさせて頂いていたことと、馬牧場初代の2頭は驚くほど海には慣れていたこともあり、初年度は海馬に対して難儀することは全く無かったのですが、2年目から、和歌山帰りのヨナグニウマ2頭のククルとダイが加入することで状況は一変しました。

生まれ育った与那国でも海には親しみ無く育った上、和歌山では海に入ってこなかったため、1年目の2頭は常に緊張の中での海馬遊びになりました。
いつもお客様から「馬って海は平気なんですか?」という質問を頂きます。乏しい経験値の中から思うことですが、当然個体差によるところが大きいでしょうが、どの馬も初めての海は怖いのではないかと思っています。人間を含めた陸生の生き物はみんなそうじゃないかと思います。全く記憶にありませんが自分もそんな時があったのでしょう。

波は迫る、水はしょっぱい、足元は見えない、得体のしれない生き物がいる、深くなる。

馬だって色んなことを考えていると思います。怖くないわけがありません。1年目は苦笑いしながら「暑い日に海に入るのが気持ち良いのは人と一緒ですよ~。」なんて、リードを持つ手をプルプルさせながら共に仕事をしたことを思い出します。

そんな2頭も、1年1年経験を重ねるごとに毎年変化をしていきました。どの年も間違いなく去年より色々なことを受け入れていっていることがはっきりと分かりました。でも、自分もリラックスして共にお仕事が出来るようになったのは昨年の4シーズン目からでした。

そして、今年の5シーズン目。見違えるような冷静さと、仕事に対する理解を見せてくれているのです!5年というかかった月日は長いのかもしれませんが、馬にとっても年で一時期しかしない特殊な仕事。毎年毎年このシーズンはドキドキしていたのでしょう。

今年は新人の担当馬になったこともあり、客観的に彼を見ていますが、微笑ましいことに海の地形や潮位による海の変化を知る彼の方が今度はスタッフに海馬遊び何たるやを教えています!
そして、自分と共に仕事をする日は最高のパフォーマンスで、経験するどのお客様にもこのかけがえの無い経験を提供してくれています。

この経験は僕にとっても、どんな馬も情熱と時間をかければ変化し受け入れる力を持っているという確信をもたらしてくれました。これからもかけがえの無いこの仲間たちともっともっとミラクルな未来を作っていけたらと思う今年の夏です。

それにしても、馬の傷は癒える。虫を寄り付かせない。気持ちいい。負荷が少ない。涼しい!
やっぱり海馬遊びは最高です!!

久米島馬牧場 井上福太郎

リクとは関係ないですが…

f:id:hisanomarkun:20170713133551j:image

暑い〜

夏バテになりそうです(*_*)

草刈りが終わって飲む水分!

最高に美味しく感じます‼︎

 

タイトルの通り、

リクとは関係ないですが、

最近サギ?ですかね、

V字になって飛んでいく鳥!

灰色のような色をしていますが、

一羽だけ真っ白の鳥が!

アルビノですかね?

珍しいものをみれました(^^)

 

鳥でいうと

カモもうろうろ田んぼ巡りをしています。

いったいどこの子でしょうか?笑

f:id:hisanomarkun:20170713133949j:image

かわいい…。

 

鳥好きに思われそうですが、

鳥は距離があってみるのは好きですが

近くは少し…苦手です。

嫌いというかこわいです(°_°)

 

リクとは関係ないことでした。

ちなみに今日のリクは

ミツバチにおいかけられていました。笑 

 

ごろん!

f:id:hisanomarkun:20170629101518j:image

お昼の1時か2時か

そのくらいになると

天気がいい日で

ある程度おなかも満たされると

ごろん!

 

だいたいこの場所で

リクはうとうと…。

 

馬って立って寝るんじゃないの?

と思いますが、

リクは仔馬のように庭と小屋では転がって寝ます(^^)

 

どこまで近くにいけるかな?

f:id:hisanomarkun:20170629101821j:image

 

さわれるか?

f:id:hisanomarkun:20170629101849j:image

大成功‼︎笑

 

お昼寝中邪魔してごめんね〜笑

 

隣で私もお昼寝!

穏やかな時間です(^^)

 

たまにはこんな時も!

f:id:hisanomarkun:20170629102058j:image

大丈夫かい?笑 

ダイスケ

f:id:hisanomarkun:20170625222603j:plain

お久しぶりです!
梅雨が明け、途端に毎日真夏日久米島からです。

内地もこれから本格的な夏が来るんだろうなーと気がかりだったちょうど数日前、訃報が。

私が以前勤めていた動物園で、1頭の馬が亡くなったのです。
写真の馬、ダイスケ。

うちの馬たちをよく知っている方は、「あれ?」と思われたははず。
そう、この子はシンノスケではなく、ダイスケ。

平塚ふれあい動物園で子供たちを乗せて26年。
つい数日前の朝、馬房で亡くなっていたそうです。
32才でした。

私が出逢ったのはもう16年前、それから5年間、一緒に働いていました。

当時すでに一番の高齢で、でもまだまだ元気で。
小さな体に飄々とした性格、障がい者乗馬でもハードな日でも、どんな時でもどんな子でも。
全くぶれずに淡々と乗せてくれる、素晴らしい馬でした。
そして曳く人も選ばない、という非常にありがたい存在でした。

仕事が終われば茶目っ気たっぷり、他の馬を遊びに誘ったり、スタッフの目を盗んで面白いことをしてくれたり。
ナイスキャラ。

そんなダイスケがさすがに最近調子が悪いと聞いていて。
この夏しんどいだろうなぁーと思っていた矢先でした。

人も馬も、死は必ず訪れるものであり、それがいつどんな風にかは分からないもので…
よく死について考えるのですが、今まで遭遇してきた馬の死の中で、直接は立ち会えなかったけれど、ダイスケの死も私にとってはひとつの大きな出来事でした。

26年という長い間、最期まで現役で子供たちを楽しませて。
小さい頃にダイスケに乗った子が、大人になって自分の子供を乗せていたということ。

その偉大な仕事に深く大きな感動を覚えます。

先日亡くなった、うみかぜホースファームのトゥバルも。
かつて与那国でスタッフに看取られて逝った風子も。
そしてもっともっと沢山の馬たちも。

死によって、学ぶことの多さ…

今はただ、ひたすらに、感謝とご冥福をお祈りします。

f:id:hisanomarkun:20170625224709j:plain

プレゼント

f:id:hisanomarkun:20170608141626j:image

稲美町では

この時期、夏野菜やお米づくりで

みなさん畑仕事を

していらっしゃいます。

 

そうなると、

リクにプレゼントが

時々届きます(^^)

 

家の前に美味しそうな草

(リクが食べて美味しそうと感じそうな草で私は食べません、笑)

が置いてあったり、

これ食べるかな?と

芋のつるで実験したり、笑

 

この前はまびいた人参を

くださいました(^^)!

f:id:hisanomarkun:20170608142228j:image

贅沢っ‼︎笑

 

可愛がられて私も嬉しいです!

f:id:hisanomarkun:20170608142306j:image

 

 

次なる挑戦

f:id:hisanomarkun:20170522155553j:plain

梅雨入りの久米島から、しとしと雨が降り続くなか井上福太郎です。5月も終わりが近づいて来ましたが、久米島では大きなお別れがあります。今まで頑張って共に働いて来てくれた二人のスタッフが仕事を辞め、内地に帰ります。そして、新しいメンバーへとその仕事は引き継がれていきます。

今月で5周年を迎えた久米島馬牧場。たくさんのスタッフにも支えてもらいながらここまでやってこれました。島において、在来馬にこだわり、域内循環や持続可能な運営にこだわり、地域とのつながりを常に意識してここまで継続できたのもそのスタッフ達のおかげです。

f:id:hisanomarkun:20170527153257j:plain

伸び放題だった雑草を継続的に馬の飼料として刈り続け、公園として再生することが出来たこの場所では、親子馬クラブの子供たち親たちが気持ちよく遊べる場所として活用することが出来ています。

f:id:hisanomarkun:20170526102010j:plain

とにかく在来馬が好きだから縁で集まってきた馬のなかには馴致すら0からスタートした馬がいましたが、色んなことを乗り越えて子供たちを乗せて歩ける馬として活躍してくれるようになりました。スタッフと共に勢いで走らせ人馬転して骨折なんて今となっては良い思い出です。

f:id:hisanomarkun:20170522153722j:plain

新メンバーは新しい発想と、新しい馬と人が豊かに暮らす可能性を引っ提げて未来を共に築いてくれると思います。ここ数年スタッフ達に厳しく高い要求ばかりを課してきた自分を強く反省し、皆に感謝するとともに久米島馬牧場の次なる挑戦に挑んでいきたいと思っています。

f:id:hisanomarkun:20170528111725j:plain

(牛に乗せることではありません!)正直言って家族にすら理解されないくらいの迷走と失敗の連続ですが、この場所でこれから過ごす未来の子供たちのために久米島馬牧場が出来ることに挑戦し、そして未来の子供たちが僕たちと同じように在来馬と共に過ごすことの出来る明日を作りたいと強く思っています。

個人的には久米島は10年になりました。流れ流れてたどり着いた今の素晴らしい拠点で、確実な一足一足を新しい仲間と共に進めて行きたいと思っています。

教えるって?

f:id:hisanomarkun:20170522112654j:plain

お久しぶり久米島から。日曜日担当、サノちゃんです。

 

兵庫でヨナグニウマのリクと暮らすあんちゃんから、嬉しいお便りが届きましたね。

久米島馬牧場が縁で出会った美郷ちゃんとの一緒に写る写真を見て。

それぞれを別で知っている私たちとしては、不思議なスリーショットでした(笑)

 

でも、こうして馬を通じて繋がった人と人。

住んでいる場所や仕事、それまでの人生はみんなあまりに違っても、

馬という共通項があると一気に距離が縮まり、盛り上がれるから面白いですよね。

 

あんちゃんと美郷ちゃんも馬話が止まらなかったんだろうなぁ(笑)

 

さて最近ふと感じたこと。

先日馬クラブの子供たちとカドリールをやってみたのですが。

(カドリールというのは馬に乗って行う集団演技です。)

 

普段、馬に乗ってお散歩やゲームばかりしている我らが馬クラブメンバー。

突然言い渡されたカドリールの経路や演技の内容に、みんな頭がショート(笑)

とりあえずやってみたけど、部班といったみんなで揃えて行う基礎練習や、

そもそも指示に合わせて馬をテキパキ動かして・・・なんてあまりにしていないもんだから。

みんな頭の上に?マークがぽわんぽわん飛んでいました(笑)

 

うーん、これはちょっと難しすぎたかなー。どうしようかな~。もう練習する日ないし。ま、出来ることやればいいか!と悠長に眺めていた私でしたが。

 

本番前の練習を見ていたら、子供たちの集中力、頭も体も、もちろん馬に対しての心の動きもフル回転!

そして緊張高まる中で迎えた本番では、馬としっかり息を合わせて、お互いをフォローしつつ、笑顔も忘れず、アドリブの挨拶もやってのけ。

みんな素晴らしかった~!!

 

それを見ていて思ったのですが。

あれこれ教えて指示してやらせるより、自分たちで考えて気持ちを高めて、お互いに声をかけあって、アイデアも出し合って。

あ、放っておいた方がよっぽど面白いし達成感あるだろうなーと(笑)

 

そこで思い出した、少し前に読んだ記事。

北欧の方で国をあげての教育改革があり、宿題をなくしたら、学力が上がったと。

絵を描いたり音楽を奏でり、芸術的な科目に力を入れたら、逆に国語や算数など論理的思考が必要といわれるような教科の学力も上がったと。

 

子供にとって必要なもの、なんなんだろうなー。

と、よく考える今日この頃です。

 

久米島馬牧場

井上 恵子

 

写真は島の友人から頂いたものです。お散歩風景。

f:id:hisanomarkun:20170522114052j:plain